住み良い地域で暮らそう|不動産を選ぶ際に考えたい事

いざ売り出そう

マンション

売り出しから売れるまで

マンションを売るときには全体的な流れは基本として知っておく必要があります。通常は不動産会社に依頼して売買の仲介を行ってもらうことでマンションを売ります。まずは不動産会社に相談すると考えてしまいがちですが、その前に二つのプロセスがあります。まずは査定を受けてマンションの価値を理解するのが大切です。その上で不動産会社を比較して自分にとって都合が良い形で売るのを助けてくれる業者を選定するようにしましょう。不動産会社にもピンからキリまであるので、自分の希望に沿って話を進めてくれる業者を選ぶとストレスなく売却手続きを進めていくことが可能です。ここでようやく不動産会社との媒介契約を締結する段階になります。媒介契約とは仲介をしてもらうための契約であり、複数の会社に依頼できる一般媒介契約と、一社のみに依頼する専任媒介契約、そしてさらに個人売買もできないという条件を付ける代わりに不動産会社側の義務も厳しくなる専属専任媒介契約があるので好みに応じて選ぶようにしましょう。そして、媒介契約を結んだら営業活動を行ってもらい、買主の候補が登場します。そこで内覧をしてもらって気に入ってくれれば購入の申し込みがあるでしょう。その際に価格交渉が行われて価格がやや引き下げられてしまうのが通常です。そして、互いの納得の上で売買契約を結び、引き渡しの日に書類や鍵を渡して決済を行ってもらうとようやくマンションを売ることができます。