住み良い地域で暮らそう|不動産を選ぶ際に考えたい事

新築購入の流れ

集合住宅

売買契約までにすること

新築分譲マンションは、完成する前に売買契約をするのが一般的です。中古マンションのように契約前に実物の内覧はできませんが、モデルルームの見学はできます。茅ヶ崎なら新築分譲マンションが建つ近くの場所に、モデルルームがあります。茅ヶ崎で新築分譲マンションを購入するなら、沢山のモデルルームに足を運び、仕様、広さ、設備、収納などをチェックすることが大切です。モデルルームは魅力的に見えるように、インテリアコーディネーターが間接照明を駆使してコーディネートしてあります。また、オプションは別売りです。その辺も注意しながら見学することが大切です。モデルルームの相談窓口では、マイホームの購入資金計画の相談ができます。相談は無料なので、プロにアドバイスをもらうのがお勧めです。そしていろいろ見学して茅ヶ崎で「ここだ」というマンションを決めたら、申し込み証拠金を添えて購入申し込みをします。茅ヶ崎の新築分譲マンションならば、申し込み証拠金は10万円が目安です。申し込みをしてから1週間後くらいにマンションの売買契約をします。売買契約までに、細かい交渉を済ませておくのがお勧めです。売買契約では手付金が必要です。手付金は一般的に購入する新築分譲マンションの10%程度と言われています。売買契約の席で支払うこともできますが、事前に指定された銀行口座に振り込んでおくこともできます。その場合は、振り込み明細をなくなさいように保管しておくことが大切です。