住み良い地域で暮らそう|不動産を選ぶ際に考えたい事

新生活の開始のために

住宅模型

負担を減らすための交渉

病気やリストラなどの理由で収入がダウンして、住宅ローンの返済が困難となる人は多くいます。そのような人の多くが、まずは住宅ローンを利用している銀行に相談しています。銀行は貸したお金の回収を希望しているので、借りた側に返す意思と能力とがあれば、多くの場合は相談に応じて便宜を図ります。たとえば退院や再就職が決まるまで返済を待ち、その間は利息のみ支払えば済むようにしてくれるのです。返済の目処が立たない場合には、住宅は銀行の手で競売にかけられることになります。競売後には、その全額が住宅ローンの返済に充てられるので、ほとんどの場合、手元にはお金が残りません。それでは新しい住まいを借りることも、そこに引越すことも困難ということで、多くの人が競売前に任意売却を開始しています。任意売却でも、基本的には売却によって入ってきたお金を住宅ローンの返済に充てることになります。しかし購買者に相談すれば、その一部を手元に残すことが可能となるのです。つまり任意売却を選択した方が、比較的スムーズに新生活を開始できるということです。また任意売却は、専門家に相談すれば、より良い条件で進めることができるようになります。専門家は、住宅を高く売るために、インターネットなどで積極的に宣伝をおこないます。また、売却価格や売却時期について購買者と、返済猶予について銀行と、それぞれ交渉するのです。これにより、任意売却後の返済における負担が少なくなるのです。